【S13スペシャルレート】禁伝グッドスタッフ【最終6位】

S13スペシャルレート使用構築 構築記事

こんにちは、千夜です♪

ブログを新しくした機会に自己紹介も兼ねて何か構築記事を書こうと思ったので、シーズン13スペシャルレートの使用構築を記事にしました。

ルールはかなり違いますが、少しでもウルトラシリーズの参考になれば幸いです。

はじめに

KP1~6位を詰め込んだ並びですが、潜り始めようとした時点でこの並びが上位にいて強いらしいということで使ってみたところ感触が良かったので、環境と自分の好みに合わせて少しずつ構成を変えながら最初から最後まで使用しました。

成績:最高最終1818pt-6位
戦績:43勝18敗

個別解説

以下、個別解説です。

レックウザ

メガレックウザ
持ち物:きあいのタスキ
性格 :ようき
メガ前:352(4)-399(252)-216-x-216-317(252+)
メガ後:352(4)-459(252)-236-x-236-361(252+)
技構成:ガリョウテンセイ / Vジェネレート / しんそく / まもる

性格はミラー意識の陽気、技構成は重いマギアナを強く意識したVジェネレート持ちです。

グラードン

ゲンシグラードン
持ち物:べにいろのたま
性格 :いじっぱり
実数値:404(252)-467(116+)-356-x-249(132)-218(8)
技構成:だんがいのつるぎ / ほのおのパンチ / ドラゴンクロー / まもる

[調整意図]
B
・タイプ一致イカサマを224/256(=87.5%)で2耐え(178~210)
D
C438(252+)ゲンシグラードンのだいちのちからを確定耐え(338~402)
・C410(252+)ルナアーラのムーンライトブラスターを13/16耐え(354~417)
S:4振りミラー抜き

ゼルネアス、ゲンシカイオーガに対する役割遂行を意識して、耐久振りの物理型を採用しました。

命中不安をメインウェポンにする上での第一の懸念事項としてマッチングがありますが、人口は少なかったものの上位勢が頻繁に潜っていたおかげでマッチングは良かったので、その点は気になりませんでした。

断崖を外して負けた対戦では他に反省点があり、物理型でないと勝てなかった対戦も多かったので、型選択は間違っていなかったと思っています。

ゼルネアス

ゼルネアス
持ち物:こだわりスカーフ
性格 :ひかえめ
実数値:395(8)-x-289(252)-363(128+)-232-264(120)
技構成:ムーンフォース / マジカルシャイン / きあいだま / くさむすび

[調整意図]
B
A372(252+)アルセウスのこだわりハチマキしんそくを確定2耐え(166~196)
・A504(252+)メガレックウザのこだわりハチマキガリョウテンセイを15/16耐え(337~397)
・A454(252+)日食ネクロズマのメテオドライブを15/16耐え(338~398)
C:11n
・ムーンフォースで436(172)-233(4)イベルタルを13/16で1発(422~498)
D
・C373(252)ルナアーラのムーンライトブラスターを13/16耐え(346~408)
S:最速130族抜き

周りをサポート役で固めない限りジオコンを積んでも神速などで簡単に止まってしまう環境のため、メガレックウザなどの上を取れるようになるスカーフを持たせました。

Bに寄せた配分がレックウザ、グラードン、アルセウスが多くて威嚇がほとんどいない物理環境に噛み合っていました。スカーフ持ちで硬い配分が相手から想定されにくく、見えない勝ち筋としても機能していました。

アルセウス

アルセウス
持ち物:こだわりハチマキ
性格 :いじっぱり
実数値:439(232)-372(252+)-276-x-276-282(24)
技構成:しんそく / アクアブレイク / シャドークロー / じしん

調整意図は、Aぶっぱ、Sはミラー意識、余りHです。

このルールで最も強いポケモンだと思っていて、全ての対戦で選出しました。

終わった後に思ったのですが、技構成は地震→恩返し、アクブレ or シャドークロー→マジックコートがベターでした。

イベルタル

イベルタル
持ち物:くろいメガネ
性格 :おだやか
実数値:455(248)-x-250(96)-298-286(112+)-247(52)
技構成:イカサマ / バークアウト / おいかぜ / まもる

[調整意図]
B
A372(252+)アルセウスのこだわりハチマキしんそくを確定2耐え(192~226)
・A504(252+)メガレックウザのこだわりハチマキガリョウテンセイを15/16耐え(390~459)
・A454(252+)日食ネクロズマの+2メテオドライブを15/16耐え(390~460)
D:11n
・C394(252+)マギアナの-1フルールカノンZを15/16耐え(386~456)
S:おいかぜ下で最速こだわりスカーフ100族抜き

イカサマでゲンシグラードンとアルセウスが2発でまとまるのが強いので、黒い眼鏡を持たせました。

イカサマがメインウェポンなので、必然的に耐久振り、サポート寄りの技構成になりました。

ルナアーラ

ルナアーラ
持ち物:ルナアーラZ
性格 :おくびょう
実数値:417(8)-x-228(56)-358(192)-250-322(252+)
技構成:シャドーレイ / おにび / おいかぜ / ワイドガード

[調整意図]
B
・C361(252)ゼルネアスのムーンフォース(97~115)とA459(252)メガレックウザのガリョウテンセイ(259~306)を252/256(≒98.44%)耐え
C
・シャドーレイで335-231(4)ウルトラネクロズマを確定1発(336~396)
・シャドーレイで397(248)-291(4)月食ネクロズマを確定1発(399~471)
D
・C410(252+)ルナアーラのシャドーレイを確定耐え(354~416)
S:最速

追い風は相手の追い風やジオコンゼルネアスによる一方的な展開を防ぐため、ワイドガードはグラカイの全体技やダークライのダクホを防ぐために採用しています。

鬼火は、相手の鉢巻アルセウスを腐らせるのが強力で当てれば勝利がほぼ確定するため命中85のリスクを背負ってでも採用する価値があること、エスパー技を採用しても撃つ相手が少なく火力も低いことから採用に至りました。

補助技が各種あるおかげでZ技を打った後でも腐ることはなく、想定通りの仕事をこなしてくれました。

選出

基本選出
先発ゼルネアスアルセウス
後発メガレックウザ@1 
出し負けが少ない対面選出で勝利を目指しました。

vsマギアナ入り
→グラードンとレックウザは選出確定、ルナアーラも出来れば選出しました。6体ミラーよりも当たりたくない相手でした。

vsカプ・テテフ入り
→イベルタルとルナアーラを選出すれば、ほぼ負けませんでした。

参考文献

スペシャルレート シーズン13 現在1位維持中のパーティ紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました