ゲッコウガの育成論・調整・対策【ポケモンUSUM】

ゲッコウガ 考察

適宜サイドバーにある目次を使ってご覧ください。

基本情報

以下、ゲッコウガの基本的な情報です。

基本データ

タイプみず、あく
特性へんげんじざい / げきりゅう
種族値72-95-67-103-71-122(合計530)
重さ40.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)

ゲッコウガが強い理由

まず、主に以下の理由からこのポケモンのすべての型に対応するのは不可能に近いです。

  • 素早さが高く、多くのポケモンに先手を取れる
  • 覚える技が多く、技範囲が広い
  • 変幻自在、激流ともに特性が優秀
  • 開拓が進んで型が増えることによって、ますます対処が難しくなっていく(→他の型も相対的に強くなる)

また、環境上位のポケモンに対する優位性も強い理由の一つでしょう。

  • マンダリザグロスの上位メガシンカに強い
  • 地面タイプの霊獣ランドロス、カバルドンに強い
  • ギルガルドに不利を取らない
  • カプ・テテフのエスパー技を空かせる など

特性考察

変幻自在は、全ての技をタイプ一致(実質威力1.5倍)で打てる特性です。覚える技の豊富さ、アタッカーに適した種族値と噛み合っています。

激流は、高い素早さ、威力200のZ技、15*2~5の先制技を存分に活かすことができます。

性格考察

8割方素早さに補正をかける性格ですが、型次第で素早さに補正をかけない選択肢も考えられます。

素早さに補正をかけない性格にしたときの弊害は、対ゲッコウガミラー、アーゴヨン、陽気メガボーマンダ、ジャローダ、メガルカリオ、陽気メガメタグロス、カミツルギなどです。

具体的な性格の選択については型ごとに見ていきます。

ゲッコウガの育成論

下記のように分類できます。

  • 激流
    • 水Z
    • ヤタピ
  • 変幻自在
    • 水Z
    • スカーフ
    • 各種Z(草、悪、格闘、ノーマル、エスパー)
    • 眼鏡
  • その他

激流襷ゲッコウガ

特性 :げきりゅう
持ち物:きあいのタスキ
性格 :ひかえめ、おくびょう
努力値:CS
確定技:なみのり or ねっとう、みずしゅりけん
攻撃技:あくのはどう、とんぼがえり、こごえるかぜ、れいとうビームなど
補助技:ちょうはつ、どくどく、どくびし、まきびし、まもるなど
例外技:ダストシュート

以前から一定数存在していた型ですが、シーズン10に撒菱ゲッコウガが1位を獲った影響で数を増やしました。

この型の強さは、以下の2点に集約されるでしょう。

  • 水技と手裏剣である程度完成されているので、残り2枠でカスタマイズできること(蜻蛉、毒、撒菱など様々)
  • 激流と襷による対面性能、ストッパー性能、抜き性能(水技の通りが良いとき)の高さ
性格について

素早さを落としても困るポケモンが少なく、相手側も他の型を考慮するとゲッコウガと対面したくない(特にアーゴヨンとメガボーマンダ)ため対面する機会が更に限られてきます。

そのため、広範囲に有効な火力重視の控え目が主流になっています。

技について

波乗り or 熱湯について

波乗りは、火力重視のため毒など火傷以外の状態異常を入れるために採用されます。

熱湯は、3割の火傷(と自身の解凍)の追加効果が非常に優秀です。半減で受けられても3割を引くことが出来れば相手に大きな負荷を掛けられます。
↓C170(252+)想定

  • げきりゅうなみのりで181(244)-139(252+)グライオンを確定1発(186~222)
  • げきりゅうなみのりで145-91(4)メガルカリオを14/16で1発(142~168,D90は15/16)
  • 晴れなみのり(62~74)と晴れげきりゅうなみのり(96~114)で153-136(4)メガリザードンYが確定落ち
  • なみのり(91~108)とみずしゅりけん(16~19)3回で145-96(4)カプ・コケコが81.61%落ち(139~165,対面でめざめるパワー氷、くさむすび、しぜんのいかりなどを押された想定)
  • げきりゅうねっとうで212(228)-110(140)カバルドンを15/16で1発(210~248)
    • ※砂ダメージ(9)1回とA132カバルドンのじしんを被弾して12/16でげきりゅう圏内(49)に入る(85~102,H4振り、B4振り、D4振りのいずれも)
  • げきりゅうねっとう(100~118)とげきりゅうみずしゅりけん(19~24)2回で135-116(4)メガゲンガーが確定落ち

挑発は、起点作りや起点回避が可能で、ステロ欠伸などの展開を阻止したり、耐久の回復を封じたりもできる汎用性が高い技です。

冷Bは、激流を確認した後に氷技を考慮しないで出てくるボーマンダを強く意識しています。
また、対面からアーゴヨン(ゲッコウガが後手を取る控え目でも)や、マッハパンチを押してくるキノガッサにも勝てます。
↓C170(252+)想定

  • れいとうビーム(124~146)とみずしゅりけん(12~14)2回で148-94(4)がアーゴヨン確定落ち

こご風は、起点作りと起点回避が可能で、ボーマンダへの打点にもなります。挑発と冷Bの中間のような性能を持っています。

悪波は、ギルガルド、メガメタグロス、メガゲンガーなどを意識した一致技です。
↓C170(252+)想定

  • あくのはどうでたべのこし回復(10)2回込み167(252)-171(4)ギルガルドを228/256(≒89.06%)で2発(90~108)
  • あくのはどう(116~140)とげきりゅうみずしゅりけん(16~21)2回で155-131(4)メガメタグロスが93.67%落ち(148~182)
  • あくのはどうで135-116(4)メガゲンガーを14/16で1発(134~158,D115は15/16)

蜻蛉型は、控え目の波乗り、手裏剣、悪波、蜻蛉の構成がほとんどです。
メガクチートとトリックルームミミッキュとの組み合わせに多く、襷+メガ+Zのゲコミミクチートの選出が強力です。相手のミミッキュに対して蜻蛉からクチート出しが安定しています。

毒々は、ポリゴン2やカビゴン、スイクンなどを誘い殺したり、メガボーマンダやメガギャラドスなどに舞われても止めやすくしたりすることができる技です。
参考タスキ激流ゲッコウガ 考察

毒菱は、裏のポケモン(代表例は身代わりポリゴン2)の対応範囲を広げる技で、オニゴーリの対策にもなります。

撒菱は、裏の抜きエースの火力不足を補う技です。
竜舞メガボーマンダと剣舞ミミZミミッキュ入りの構築が多く、襷+メガ+Zのゲコミミマンダの選出が強力です。
参考(構築記事)まきびしゲコミミマンダ
↓ダメージ計算

  • まきびし(21)込みA216(252+)メガボーマンダの+1じしんで171(124)-170メガメタグロスを12/16で1発(144~170,B171も同じ)
  • まきびし(26)込みA216(252+)メガボーマンダのおんがえしで212(228)-171(140+)カバルドンを189/256(≒73.82%)で2発(87~103)
  • まきびし(26)込みA154(236+)ミミッキュの+2ぽかぼかフレンドタイムで212(228)-171(140+)カバルドンを確定1発(193~228)
  • まきびし(26)込みA154(236+)ミミッキュの+2ぽかぼかフレンドタイムで215(252)-187(252+)カバルドンを10/16で1発(177~208)

※撒菱の仕様:3回まで使用可能で、相手の減少するHPは最大HPの1/8、1/6、1/4と増えていく。飛行タイプと特性が浮遊のポケモンにはダメージが入らない。

構築例

以下の通り、ほとんどの構築でミミッキュと同居しています。

波乗り手裏剣悪波挑発

熱湯手裏剣悪波挑発

波乗り手裏剣悪波冷B

熱湯手裏剣冷B挑発

熱湯手裏剣こご風挑発

波乗り手裏剣悪波蜻蛉

毒々採用

撒菱採用

波乗り手裏剣悪波ダスト(うっかりや)

  • ミミッキュゲッコウガメガゲンガーメガガルーラウルガモスオニゴーリ【SMs11シングル最終26位】強気ゲコミミゲンガー【最終レート2118】

激流水Zゲッコウガ

特性 :げきりゅう
持ち物:ミズZ
性格 :おくびょう、ひかえめ
努力値:CS、CSベースなど
一般的な技構成:ハイドロカノン / ねっとう / みずしゅりけん / みがわり
選択技:れいとうビーム、どくどくなど

開拓されて以降有名な型となりました。
参考【SM】シーズン6使用構築 カバマンダ+激流ゲッコウガ【最終2158-6位】

身代わりで能動的に激流を発動させ、容易に激流水Zの超高火力を実現できます。
↓C155(252)想定

  • ハイドロカノンZで153-106(4)メガリザードンXを確定1発(165~195)
  • 晴れげきりゅうハイドロカノンZで185(252)-136(4)メガリザードンYを確定1発(192~228)
  • げきりゅうハイドロカノンZで155-131(4)メガメタグロスを確定1発(199~235)

さらに、エスパー技でこだわったカプ・テテフに身代わりを残せるため、カバリザテテフグロスのような並びに強いです。

波乗りではなく熱湯を採用する理由は、高火力はハイドロカノンZで出せるのと、相手を火傷にした後に身代わりを残したり定数ダメージを稼いだりできるメリットが計り知れないためです。

性格について

メガルカリオ、陽気メガメタグロス、スカーフでないカミツルギなどに勝てる臆病が大半です。

上位のガルランドゲッコガルドのような並びはそれらをギルガルドで対策できること、メガメタグロス入りはカプ・レヒレと組んでいる構築が多くゲッコウガを選出しにくいことなどから火力重視の控え目で採用されることもあります。

↓控え目の具体的な利点(C170想定)

  • ハイドロカノンZで157(252)-116(4)メガクチートを確定1発(165~195)
  • ハイドロカノンZで155(196)-126(4)ミミッキュを14/16で1発(153~180)
  • げきりゅうハイドロカノンZで167(252)-171(4)ギルガルドを確定1発(169~199)
  • げきりゅうねっとうで167(252)-71(4)ギルガルド(ブレードフォルム)を13/16で1発(162~192)
  • ハイドロカノンZ(まもるで軽減されて95~112)とみずしゅりけん(32~38)2回で155-101(4)メガバシャーモが確定落ち
調整について

まず、CS252振りの余りについてです。

B4振り(H147-B88-D91)の具体的なメリットは、ゲッコウガミラーとの対面にあります。

  • A147(252)ゲッコウガのへんげんじざいとんぼがえりを10/16耐え(134~158,B87は8/16)
  • C155(252)ゲッコウガのハイドロカノンZを被弾して14/16でげきりゅう圏内(49)に入る(96~113,D92は13/16)

D4振り(H147-D92)はメガルカリオの真空波やメガリザードンYの晴れオバヒ、メガゲンガーのヘド爆などの乱数を意識しています。

  • C192(252)メガルカリオのしんくうはを13/16耐え(128~152,D91は10/16)
  • C211(252)メガリザードンYの晴れオーバーヒートを14/16耐え(126~149,D91は13/16)
  • C222(252)メガゲンガーのヘドロばくだんを確定耐え(123~145,D91は15/16)

Cに振り切る具体的なメリットは以下のようなものがあります。

  • げきりゅうハイドロカノンZで167(252)-171(4)ギルガルドを8/16で1発(153~181)
  • げきりゅうハイドロカノンZで148-94(4)アーゴヨンを10/16で1発(139~164)
  • ハイドロカノンZで157(252)-116(4)メガクチートを12/16で1発(151~178,D115は13/16)

調整は以下のようなものがあります。

①149(12)-x-89(12)-152(228)-92(4)-191(252+)
この努力値配分をベースにした控え目、各種Zのゲッコウガもいます。

B

  • A197(252)霊獣ランドロスのじしんを確定耐え(126~148)
  • A200(252+)マンムーのじしんを15/16耐え(127~150)
  • A216(252+)霊獣ランドロスのじしんを8/16耐え(136~162)
  • A216(252+)霊獣ランドロスのとんぼがえりを14/16耐え(128~152)
  • A147(252)ゲッコウガのへんげんじざいとんぼがえりを12/16耐え(132~156)

C

  • ハイドロカノンZで153-106(4)メガリザードンXを確定1発(162~192)
  • 晴れげきりゅうハイドロカノンZで185(252)-136(4)メガリザードンYを確定1発(186~222)
  • ステルスロック(19)込みハイドロカノンZで155(196)-126(4)ミミッキュを確定1発(136~162)
  • ねっとうで165(236)-172(12)ギルガルドのみがわり(41)を確定破壊(42~49)

D

  • C192(252)メガルカリオのしんくうはを15/16耐え(128~152)
  • C211(252)メガリザードンYの晴れオーバーヒートを15/16耐え(126~149)
  • C172(252+)ポリゴン2の10まんボルトを14/16耐え(128~152)

S:最速

②165(140)-x-91(28)-143(156)-92(4)-181(180+)
ごくまれですが、対面で確実にメガメタグロスに勝つために耐久に振った調整もあります。

B

  • みがわりを3回した後のHP(42)でA216(252+)メガメタグロスのバレットパンチを15/16耐え(35~42)
  • A161(252+)ゲッコウガのへんげんじざいとんぼがえりを15/16で耐え(140~168)
  • A222(252+)メガラグラージのじしんを確定耐え(138~163)

C

  • ハイドロカノンZで153-106(4)メガリザードンXを確定1発(153~180)
  • 晴れげきりゅうハイドロカノンZで175(172)-136(4)メガリザードンYを確定1発(176~210)
  • ハイドロカノンZで131(4)-125ミミッキュを14/16で1発(129~153)

D:B<D(ダウンロード対策)

  • C232(252+)メガリザードンYの晴れオーバーヒートを確定耐え(139~164)

S:最速メガルカリオ抜き

※H163-B92-D93にすると総合耐久は落ちますが、身代わり3回後のバレパンが確定耐えになります。

激流水Z奮い立てるゲッコウガ

特性 :げきりゅう
持ち物:ミズZ
性格 :おくびょう、ひかえめなど
努力値:CS
確定技:ふるいたてる、みがわり
選択技:ねっとう、ハイドロカノン、あくのはどう、なみのりなど

シーズン13に現れた、ドヒドイデすらも崩し得る激流ゲッコウガです。

参考(ダメージ計算記事)奮い立つ激流ゲッコウガのダメージ計算

構築例

カノン熱湯奮いみが

熱湯悪波奮いみが(臆病)

波乗り悪波奮いみが(控え目)

  • メガリザードンX霊獣ランドロスポリゴン2メガメタグロスゲッコウガミミッキュ 【S14最終2103/2102】 みがわり運ゲースタン 【93位/99位】

激流ヤタピの実ゲッコウガ

特性 :げきりゅう
持ち物:ヤタピのみ
性格 :おくびょう、ひかえめ
努力値:CS、bcSなど
確定技:みがわり
選択技:なみのり or ねっとう、あくのはどう、みずしゅりけん、れいとうビーム、ハイドロポンプなど

非常に珍しい型ですが、Zを持たせなくても高火力を出せるのが強みです。

身代わり3回でヤタピの実を発動させるためのH4n調整は必須です。

参考【単体考察】ヤタピ激流ゲッコウガ

変幻自在襷ゲッコウガ

特性 :へんげんじざい
持ち物:きあいのタスキ
性格 :むじゃき、せっかち、おくびょう、ようき
努力値:CS、AS、acS
確定技:れいとうビーム
優先技:みずしゅりけん、ダストシュート、がんせきふうじ、あくのはどう、くさむすび、めざめるパワー炎
選択技:かげうち、けたぐり、とんぼがえり、いわなだれ、まきびしなど

襷による行動保証を盾に、変幻自在による自慢の技範囲を相手に押し付けます。

性格について

むじゃき:ミミッキュとキノガッサへの勝率が上がります。
せっかち:ダウンロード対策になります。

ダメージ計算

C124(4)れいとうビーム

  • 181(244)-139(252+)グライオンを確定1発(184~220)
  • 197(212)-129(148)メガボーマンダを確定1発(204~240,D130は13/16)
  • 148-94(4)アーゴヨンを8/16で1発(134~162)
  • 155(4)-100霊獣ボルトロスを確定2発(128~152)

C155(252)れいとうビーム

  • 148-94(4)アーゴヨンを確定1発(168~200)
  • 155(4)-100霊獣ボルトロスを確定1発(158~188)

A116(4)ダストシュート

  • 145-106(4)カプ・コケコを確定1発(150~176)
  • 176(244)-183(252+)カプ・レヒレを255/256(≒99.61%)で2発(86~104)

A147(252)ダストシュート

  • 175(236)-109(108)カプ・テテフを確定1発(186~218)
  • 145-136(4)カプ・レヒレを確定1発(150~176)

A116(4)がんせきふうじ

  • 153-99(4)メガリザードンYを確定1発(160~192)
  • 175(172)-112(108)メガリザードンYを確定2発(144~172)
  • 161(4)-85ウルガモスを確定1発(192~228)
  • 185(196)-102(132)ウルガモスを1/16で1発(160~192)

A147(252)がんせきふうじ

  • 175(172)-112(108)メガリザードンYを確定1発(180~216)
  • 185(196)-102(132)ウルガモスを確定1発(204~240)
  • 153-132(4)メガリザードンXを確定2発(78~92)

C155(252)あくのはどう

  • 167(252)-171(4)ギルガルドを確定2発(84~98)
  • 155-131(4)メガメタグロスを確定2発(108~128)
  • 135-116(4)メガゲンガーを7/16で1発(122~146,D115も同じ)

C155(252)くさむすび

威力120

  • 215(252)-93(4)カバルドンを確定1発(228~270)
  • 212(228)-110(140)カバルドンを7/16で1発(192~228)
  • 171(4)-150メガギャラドスを確定2発(140~168)
  • 171(4)-120ギャラドスを確定2発(88~105)

威力100

  • 207(252)-136(4)スイクンを確定2発(132~156)

威力60

  • 147-92(4)ゲッコウガを確定2発(116~138)

威力40

  • 145-151(4)カプ・レヒレを確定3発(50~60)

C155(252)めざめるパワー炎

  • 181(252)-137(4)ナットレイを1/16で1発(156~184)
  • 177(252)121(4)メガハッサムを15/16で1発(172~208)

変幻自在水Zゲッコウガ

特性 :へんげんじざい
持ち物:ミズZ
性格 :おくびょう、ひかえめなど
努力値:CSなど
確定技:ハイドロカノン、れいとうビーム
優先技:みずしゅりけん、あくのはどう、めざめるパワー炎、みがわり
選択技:ダストシュート、どくどくなど

激流水Zよりも火力は落ちますが、ハイドロカノンZで最低限の汎用的な火力を確保しながら変幻自在により技範囲を広げています。

水Zで悪タイプをなくすことでメガメタグロスのアムハンを耐えることもできます。その後のバレパンは耐えませんが、手裏剣で縛れます。

↓H147-B87-C155(252)想定

  • みずタイプ時、A216(252+)メガメタグロスのアームハンマーを確定耐え(122~144)
  • ハイドロカノンZ(135~159)とみずしゅりけん(10~13)2回で155-131(4)メガメタグロスが確定落ち
性格について

変幻自在で冷Bを採用する以上アーゴヨン、メガボーマンダ、ジャローダを抜ける臆病が一般的ですが、火力を重視して控え目で採用するケースもあります。

↓控え目C170(252+)の利点

  • ハイドロカノンZで157(252)-116(4)メガクチートを確定1発(165~195)
  • ハイドロカノンZで155(196)-126(4)ミミッキュを14/16で1発(153~180)
  • ハイドロカノンZで145-136(4)カプ・テテフを14/16で1発(142~168,D135も同じ)
  • 晴れハイドロカノンZで153-136(4)メガリザードンYを8/16で1発(140~168,D135も同じ)
  • ハイドロカノンZ(まもるで軽減されて95~112)とみずしゅりけん(32~38)2回で155-101(4)メガバシャーモが確定落ち
技構成例

1.カノン手裏剣冷B

マンダナットドランのような並びを強く意識した型のゲッコウガです。

ミミッキュ対面でめざ炎から入りミミZを半減で受けて水Zを打てば勝つこともできます。

↓H147-B88(4)想定

  • ほのおタイプ時、A143(156+)ミミッキュのぽかぼかフレンドタイム(87~102)とかげうち(37~45)を255/256(≒99.61%)耐え(124~147)

2.カノン悪波冷Bみが

カバマンダガルドなどギルガルド入りの並びに強い型のゲッコウガです。

ノーマルタイプに変化しながら身代わりをすることで毒ギルガルドに対して確実に身代わりを残し、悪波で崩します。

スカーフゲッコウガ

特性 :へんげんじざい
持ち物:こだわりスカーフ
性格 :せっかち、むじゃき、おくびょう、さみしがり、やんちゃ
努力値:acS、AS、CS
確定技:れいとうビーム、とんぼがえり
優先技:がんせきふうじ or いわなだれ、あくのはどう、ダストシュート
選択技:なみのり or ねっとう、くさむすび

圧倒的素早さと技範囲の広さにより、ストッパー性能が極めて高い型のゲッコウガです。

性格について

A補正(寂しがりとやんちゃ)の最大の利点は、相手のゲッコウガを縛ることです。

↓A161(252+)想定

  • とんぼがえりで147-88(4)ゲッコウガを14/16で1発(146~174,B87も同じ)

※A160でもB87~89に対してA161と乱数が変わりません。

S補正(せっかち、無邪気、臆病)は、主にスカーフゲッコウガミラー、アーゴヨン(Sがブーストされても抜ける)を意識しています。加えて、陽気竜舞メガボーマンダ、陽気スカーフもしくは臆病のカミツルギもケアできます。

B下降補正(せっかちと寂しがり)の利点は

  • メガリザードンYやウルガモスに後出しした際に、オバヒやギガドレが飛んできても耐える
  • カプ・コケコのEF10万を耐えるので、ダスト外しで即負けにならないほか、冷Bで突っ張ることもできる
  • メガゲンガーのヘド爆を耐える
  • ダウンロード対策 など

↓B下降補正無振り(H147-D91)想定

  • C211(252)メガリザードンYの晴れオーバーヒートを13/16耐え(127~150)
  • C187(116+ or 252)ウルガモスのギガドレインを確定耐え(116~138)
  • C147(252)カプ・コケコのEF10まんボルトを確定耐え(123~145)
  • C222(252)メガゲンガーのヘドロばくだんを15/16耐え(124~147)

D下降補正(むじゃきとやんちゃ)の利点は

  • スカーフゲッコウガの蜻蛉を中乱数で耐えるので、ミラーとの対面時の生存率(勝率)が上がる
  • ランドロスの地震を耐えるので、1回は後出しができる など

両刀でもダストを採用しない悪波冷B封じ蜻蛉型は、上記の利点の両方を享受できる臆病が採用されることもあります。

技について

岩石封じ or 雪崩について

岩石封じは、命中95とSダウンの追加効果が非常に優秀です。技を外さなければ起点回避が可能です。
また、技を打っても雪崩よりもスカーフがバレにくいかもしれません(シーズンが進むにつれて上位では封じが多数派になっているため諸説)。

雪崩は、命中90と安定しない代わりに、威力が封じより10高く、圧倒的素早さから怯み3割を相手に押し付けることができます。

A116(4)いわなだれ

  • 185(196)-102(132)ウルガモスを確定1発(196~232)
  • 175(172)-112(108)メガリザードンYを確定1発(180~216)
  • 153-132(4)メガリザードンXを確定2発(78~92)

A161(252+)いわなだれ

  • 155(4)-90霊獣ボルトロスを15/16で1発(152~182)
  • 125-127炎ロトムを3/16で1発(108~128)
  • 135-101(4)メガゲンガーを255/256(≒99.61%)で2発(67~81,B100は確定)
  • 145-96(4)カプ・テテフを255/256(≒99.61%)で2発(72~85,B95も同じ)

波乗り or 熱湯について

波乗りは、耐久無振りのメガバシャーモとドリュウズ(砂下準速ドリュウズはS280相当、最速スカーフゲッコウガはS286相当)と炎ロトムを縛れます。

熱湯は、3割の火傷と自身の解凍(ゲッコウガの冷Bなどに対して安心して後投げ可能)の追加効果が優秀です。

C155(252)なみのり

  • 155-101(4)メガバシャーモを確定1発(156~186)
  • 185-86(4)ドリュウズを確定1発(186~218)
  • 125-128(4)炎ロトムを15/16で1発(122~146)
調整例

③147-140(196)-78(0-)-131(60)-91-191(252+)
参考【S12最高最終2121】宇宙コケコマンダ【最終21位】

A

  • がんせきふうじで185(196)-102(132)ウルガモスを確定1発(192~228)
  • がんせきふうじで175(172)-112(108)メガリザードンYを15/16で1発(172~208)
  • がんせきふうじで153-132(4)メガリザードンXを240/256(=93.75%)で2発(74~90)

C

  • れいとうビームで148-94(4)アーゴヨンを13/16で1発(144~170)

S:最速

④148(4)-133(140)-78(0-)-136(100)-93(12)-191(252+)
参考(CSラインは同じ)【ポケモンUSUM】シーズン11使用構築 カバマンダガルド 最終2163 6位

A

  • がんせきふうじで185(196)-102(132)ウルガモスを12/16で1発(180~216)
  • がんせきふうじで175(172)-112(108)メガリザードンYを10/16で1発(168~196)
  • がんせきふうじで185(252)-113(116)メガリザードンYを4/16で1発(168~196)
  • B87,B89(12)ゲッコウガに対するとんぼがえりの乱数意識

C

  • れいとうビームで148-94(4)アーゴヨンを確定1発(150~176)

D

  • C211(252)メガリザードンYの晴れオーバーヒートを確定耐え(124~147)

S:最速

⑤149(12)-104(4-)-89(12)-152(228)-91-191(252+)

A

  • がんせきふうじで153-98メガリザードンYを14/16で1発(148~180,B99は11/16)

B

  • A197(252)霊獣ランドロスのじしんを確定耐え(126~148)
  • A147(252)ゲッコウガのとんぼがえりを12/16耐え(132~156)

C

  • ステルスロック(16)込みあくのはどうで135-116(4)メガゲンガーを確定1発(120~144)
  • あくのはどうで167(252)-171(4)ギルガルドを確定2発(84~98,D171~172に対してC155と乱数が変わらない)
  • れいとうビームで155(4)-100霊獣ボルトロスを確定1発(156~186)

D

  • C211(252)メガリザードンYの晴れオーバーヒートを15/16耐え(127~150)

S:最速

構築例

悪波冷B封じ蜻蛉

冷Bダスト封じ蜻蛉

冷Bダスト雪崩蜻蛉

波乗り冷Bダスト蜻蛉

熱湯悪波冷B結び

珠ゲッコウガ

特性 :へんげんじざい
持ち物:いのちのたま
性格 :おくびょう、せっかち、むじゃき
努力値:CSなど
確定技:れいとうビーム
優先技:みずしゅりけん、あくのはどう
選択技:くさむすび、めざめるパワー炎、めざめるパワー電気、じんつうりき、けたぐり、ダストシュートなど

行動保証が無く、珠による体力の消耗が激しく先制技で縛られやすい代わりに、広範囲の高火力を相手に押し付けることができます。

技について

いのちのたまC155(252)れいとうビーム

  • 215(252)-93(4)カバルドンを確定1発(221~265)
  • 212(228)-110(140)カバルドンを4/16で1発(187~221)

いのちのたまC155(252)みずしゅりけん

  • 4回で155-101(4)メガバシャーモが確定落ち(39~47)
  • いのちのたまれいとうビーム(107~126)といのちのたまみずしゅりけん(19~23)2回で145-96(4)カプ・コケコが確定落ち

いのちのたまC155(252)あくのはどう

  • 167(252)-116(4)メガゲンガーを11/16で1発(159~190)
  • 155-131(4)メガメタグロスを7/16で1発(140~166,D130も同じ)
  • 167(252)-171(4)ギルガルドを確定2発(109~127)

草結びは、激流ゲッコウガに強くなる、ほとんどのカバルドンを縛れる、その他水タイプへの打点となるなどの利点があります。

いのちのたまC155(252)くさむすび

威力120

  • 212(228)-110(140)カバルドンを確定1発(250~296)
  • 215(252)-136(252+)カバルドンを10/16で1発(203~242)
  • 171(4)-150メガギャラドスを確定1発(182~218)
  • 171(4)-120ギャラドスを確定2発(114~136)

威力100

  • 207(252)-136(4)スイクンを確定2発(172~203)

威力60

  • 147-92(4)ゲッコウガを確定1発(151~179)

威力40

  • 145-151(4)カプ・レヒレを46/256(≒17.97%)で2発(65~78)

めざ炎は、混乱実でよくある調整のナットレイを縛れるのが魅力的です。また、対面でメガクチートに勝つこともできます。

いのちのたまC155(252)めざめるパワー炎

  • 181(252)-149(100)ナットレイを確定1発(187~224)
  • 204(252)-122(4)テッカグヤを確定2発(112~135)
  • いのちのたまめざめるパワー炎(120~143)といのちのたまみずしゅりけん(16~19)2回で157(252)-116(4)メガクチートが87.54%落ち(152~181)

めざ電気は、ゲッコウガが誘いやすい水タイプ全般に強くなるほか、電気タイプに変化することでジャローダの蛇睨みを空かしたり、死に出しカプ・コケコの10万を耐えたりするといったメリットがあります。

参考【単体考察】めざ電ゲッコウガの強さと役割について

いのちのたまC155(252)めざめるパワー電気

  • 147-92(4)ゲッコウガを確定1発(151~179)
  • 177(252)-151(4)カプ・レヒレを確定2発(94~112)
  • 171(4)-120ギャラドスを確定1発(234~281)
  • 171(4)-150メガギャラドスを確定2発(94~112)
  • 204(252)-122(4)テッカグヤを確定2発(112~135)
  • 157(252)-163(4)ドヒドイデを確定2発(86~104)
  • 207(252)-136(4)スイクンを確定2発(104~125)

神通力は、ドヒドイデやメガフシギバナを誘い殺します。

いのちのたまC155(252)じんつうりき

  • 157(252)-163(4)ドヒドイデを確定2発(112~135)
  • いのちのたまあくのはどう(56~68)といのちのたまじんつうりき(112~135)でくろいヘドロ回復(9)込み157(252)-163(4)ドヒドイデが確定落ち(168~203)
  • 187(252)-141(4)メガフシギバナを確定2発(133~156)

草Zゲッコウガ

特性 :へんげんじざい
持ち物:クサZ
性格 :おくびょう、ひかえめ
努力値:CS
確定技:くさむすび、れいとうビーム
優先技:みずしゅりけん、あくのはどう
選択技:めざめるパワー炎、みがわりなど

カプ・レヒレをはじめとするゲッコウガが誘う水タイプ全般に役割破壊をします。

しかし、素の草結びがカプ・レヒレに対して威力40なので、草Zを空かされると厳しいです。

ダメージ計算

C155(252)くさむすびZ(威力160)

  • 177(252)-151(4)カプ・レヒレを確定1発(186~222)
  • 171(4)-150メガギャラドスを確定1発(186~222)
  • 171(4)-120ギャラドスに117~138(68.4%~80.7%)
  • 207(252)-136(4)スイクンを15/16で1発(206~246)
  • 215(252)-136(252+)カバルドンを13/16で1発(206~246)

悪Zゲッコウガ

特性 :へんげんじざい
持ち物:アクZ
性格 :おくびょう、せっかち、むじゃき
努力値:CSなど
確定技:あくのはどう、れいとうビーム
優先技:ダストシュート
選択技:なみのり、ねっとう、みがわり、めざめるパワー炎、がんせきふうじ、みずしゅりけんなど

ギルガルドとメガメタグロスを縛れるのが強みです。

メガメタグロスと組んでいることが多いカプ・レヒレを意識したダスト採用が目立ちます。

ダメージ計算

C155(252)あくのはどうZ(威力160)

  • 167(252)-171(4)ギルガルドを14/16で1発(164~194)
  • 155-131(4)メガメタグロスを確定1発(216~254)

格闘Zゲッコウガ

特性 :へんげんじざい
持ち物:カクトウZ
性格 :むじゃき、せっかちなど
努力値:ASなど
確定技:けたぐり、れいとうビーム
選択技:ダストシュート、とんぼがえり、がんせきふうじ、あくのはどう

ゲッコウガが誘うポリゴン2、カビゴン、メガガルーラ、ラッキーなどのノーマルタイプやマンダナットドランの並びに強い型です。

ダメージ計算

A147(252)けたぐりZ(威力160)

  • 191(244)-112(12)ポリゴン2に158~188(82.7%~98.4%)
  • 191(244)-156(252+)ポリゴン2に116~138(60.7%~72.3%)
  • 236(4)-117(252)カビゴンを13/16で1発(228~270)
  • 254(148)-117(252)カビゴンを6/16で1発(228~270)
  • 207(212)-121(4)メガガルーラを確定1発(218~260)
  • 325-62(252+)ラッキーを4/16で1発(288~338)
  • 181(252)-151ナットレイを13/16で1発(176~210)
  • 181(252)-183(124+)ナットレイに146~174(80.7%~96.1%)
  • 198(252)-127(4)ヒードランを確定1発(210~248)

A147(252)けたぐり

威力120

  • 236(4)-117(252)カビゴンに170~204(72.0%~86.4%)
  • 254(148)-117(252)カビゴンに170~204(66.9%~80.3%)
  • 167(4)-126ヒードランを12/16で1発(158~188)
  • 185-101(4)マンムーを確定1発(198~234)

威力100

  • 207(212)-121(4)メガガルーラに138~164(66.7%~79.2%)
  • 181(252)-151ナットレイに110~132(60.8%~72.9%)
  • 181(252)-183(124+)ナットレイに92~110(50.8%~60.8%)

威力80

  • 145-109(4)メガルカリオを1/16で1発(122~146,B108も同じ)

威力60

  • 191(244)-112(12)ポリゴン2に62~74(32.5%~38.7%)
  • 191(244)-156(252+)ポリゴン2に44~54(23.0%~28.3%)
  • 325-62(252+)ラッキーに108~128(33.2%~39.4%)
  • 147-88(4)ゲッコウガに116~138(78.9%~93.9%)

眼鏡ゲッコウガ

特性 :へんげんじざい
持ち物:こだわりメガネ
性格 :おくびょう
努力値:CS
確定技:なみのり、あくのはどう、れいとうビーム
選択技:くさむすび、みずしゅりけんなど

広範囲の技の打ち分けができない代わりに、想定外の高火力を出すことができます。Zを使わずに耐久に振っていないメガメタグロスを確定1発で倒せる点が特に魅力です。

ダメージ計算

こだわりメガネC155(252)なみのり

  • 212(228)-110(140)カバルドンを確定1発(216~254)

こだわりメガネC155(252)あくのはどう

  • 155-131(4)メガメタグロスを確定1発(162~192)
  • 153-136(4)メガリザードンYを確定2発(78~93)
  • 191(244)-116(4)ポリゴン2を約86%で3発(60~72)

こだわりメガネC155(252)れいとうビーム

  • 184(236)-127(212)霊獣ボルトロスを確定1発(186~222)
  • 135(4)-83(252)カミツルギを確定1発(142~168)
  • 191(196)-120カイリューを確定1発(198~234)

こだわりメガネC155(252)くさむすび

威力120

  • 236(4)-130カビゴンに121~144(51.3%~61.0%)

威力100

  • 207(252)-136(4)スイクンを10/16で1発(194~230)

威力40

  • 145-151(4)カプ・レヒレを252/256(≒98.44%)で2発(72~86)

ノーマルZゲッコウガ

特性 :へんげんじざい
持ち物:ノーマルZ
性格 :おくびょう、やんちゃなど
努力値:CS、ASなど
確定技:はかいこうせん or ギガインパクト、れいとうビーム、ふるいたてる
選択技:あくのはどう、けたぐりなど

奮い立てると合わせてゲッコウガが誘うカプ・レヒレ、ポリゴン2、ドヒドイデ、メガフシギバナ、カビゴンやラッキー(物理型なら)などをまとめて役割破壊できます。

他の各種Zより崩せる範囲が広く、Zの威力が200と高いので、変幻自在の中では比較的汎用性が見込めます。

ダメージ計算

C155(252)はかいこうせんZ(威力200)

  • 153-106(4)メガリザードンXを確定1発(165~195)
  • +1で157(252)-163(4)ドヒドイデを確定1発(160~190)
  • +1で187(252)-141(4)メガフシギバナを15/16で1発(186~219)
  • +1で177(252)-151(4)カプ・レヒレを14/16で1発(174~205)
  • +2で191(244)-116(4)ポリゴン2を確定1発(201~237)
  • +2で266(244)-131(4)カビゴンを確定1発(267~315)

A161(252+)ギガインパクトZ(威力200)

  • 153-99(4)メガリザードンYを確定1発(184~217)
  • 175(172)-112(108)メガリザードンYを9/16で1発(162~192)
  • +1で177(252)-136(4)カプ・レヒレを確定1発(199~235)
  • +1で187(252)-144(4)メガフシギバナを確定1発(189~223)
  • +1で236(4)-117(252)カビゴンを14/16で1発(232~274)
  • +1で254(148)-117(252)カビゴンを8/16で1発(232~274)
  • +1で325-62(252+)ラッキーを6/16で1発(292~345)
  • +1で191(244)-112(12)ポリゴン2を1/16で1発(162~192)
  • +1で157(252)-224(252+)ドヒドイデに121~144(77.1%~91.7%)

A161(252+)けたぐり

威力120

  • 167(4)-126ヒードランを確定1発(174~206)
  • +1で254(148)-117(252)カビゴンを確定1発(278~330)

威力100

  • +1で181(252)-151ナットレイを確定1発(182~216)
  • +1で181(252)-183(124+)ナットレイに150~176(82.9%~97.2%)

エスパーZゲッコウガ

特性 :へんげんじざい
持ち物:エスパーZ
性格 :おくびょう、ひかえめ
努力値:CS
確定技:じんつうりき、れいとうビーム
選択技:めざめるパワー炎、どくどく、ねっとう、みずしゅりけん、あくのはどう、めざめるパワー電気など

ドヒドイデ、メガフシギバナなどに対して役割破壊できます。

ダメージ計算

C155(252)じんつうりきZ(威力160)

  • 157(252)-163(4)ドヒドイデを確定1発(170~204)
  • 187(252)-141(4)メガフシギバナを確定1発(200~236)

その他

激流悪Zゲッコウガ:S14最高/最終2202 幻惑ラティアスクチート【最終4位】

激流メトロノームゲッコウガ:【USUM】S14最終2154-25位 アグロマンダガルド

激流スカーフゲッコウガ:激流スカーフゲッコウガ(+ちょっとした振り返り)【第1回Battle Frontier】ベスト16 激流スカーフゲコ入りカバマンダ 

ラムゲッコウガ:S7使用構築 †トリック⭐スターなカバルカ竜王スタン† [最高最終2100]

ゲッコウガの調整

CSぶっぱの配分が大半ですが、細かい調整を施すとしたら以下のような調整があります。

①149(12)-x-89(12)-152(228)-92(4)-191(252+)
②165(140)-x-91(28)-143(156)-92(4)-181(180+)
③147-140(196)-78(0-)-131(60)-91-191(252+)←せっかち
④148(4)-133(140)-78(0-)-136(100)-93(12)-191(252+)←せっかち
⑤149(12)-104(4-)-89(12)-152(228)-91-191(252+)←臆病

①、②は激流水Zゲッコウガを、③~⑤はスカーフゲッコウガを参照してください。

①の努力値配分をベースにした控え目、各種Zのゲッコウガもいます。

ゲッコウガの対策

上からの処理だけだと襷やスカーフに負け、下から受けようとすると自慢の役割破壊Zなどに負けるため、速いポケモンと受けを組み合わせて対策するのが望ましいです。

速いポケモン

S種族値123以上
カプ・コケコメガゲンガーメガミミロップフェローチェ など

メガミミロップは、猫だましで襷を潰せる上に、スカーフゲッコウガからワンパンされることが無い(スカーフ神通力高乱数は知りません)ので、環境に存在するS123以上のポケモンの中でゲッコウガの対策として最も安定しています。

カプ・コケコは、ボルチェンや蜻蛉で受けに引きながら攻撃できるので襷のケアが容易にできます。スカーフダストシュートは最悪かわすか、裏で起点にすることにします。

スカーフ持ち
ゲッコウガカプ・テテフ霊獣ボルトロス カミツルギなど

スカーフゲッコウガは、水悪氷半減を生かして強引に後投げすることもできます。しかし、スカーフミラーとの同速負けが怖いです。

受け

数値受け:格闘Z、毒、奮い立てる持ちのギガインパクトZ or 激流ハイドロカノンZには弱いです。
→ラッキー>ハピナス>HDポリゴン2>カビゴン

ラッキーは、圧倒的特殊耐久、特性自然回復による氷・火傷・毒の解除、回復技のタマゴうみがあるので、後出しが非常に安定します。

タイプ受け:各種役割破壊技、毒、数値が低い場合は悪波怯みには弱いです。

水(+α)ドヒドイデメガギャラドスギャラドス水ロトムランターンオニシズクモエンペルトスイクンなど
水妖カプ・レヒレアシレーヌマリルリ
草(+α)メガフシギバナナットレイ

ドヒドイデは、優秀な耐性、熱湯による氷の解除と毒タイプによる毒無効、回復技の自己再生があるので、後出しはラッキー並みかそれ以上に安定します。

ギャラドスは、対面で竜舞により起点にできますが、めざ電気と草結びの択、熱湯火傷がネックです。

カプ・レヒレは、ダストシュートや草Zといったメジャーな役割破壊に弱い代わりに、ミストフィールドによる氷・火傷・毒が無効(毒菱は無効にできない)が優秀で、対激流ゲッコウガは安定します。体重も軽いので、素の草結びなら撃ち合って勝てます。

対面処理

対面性能が高いポケモン:殴り合いに勝ちます。
ミミッキュキノガッサメガガルーラ など

(残飯)ギルガルド+α

残飯ギルガルドだけで受け切ることは難しいですが、裏のポケモンと連携することで優秀な数値と耐性を活かして処理することができます。

代表的な組み合わせ

1.ボルチェンカプ・コケコ or スカーフ蜻蛉ゲッコウガ+(残飯)影打ギルガルド
→激流水技はギルガルドで受けて影打で処理します。

2.(HD)残飯毒みがギルガルド+猫だましメガガルーラ
→ゲッコウガが毒を嫌って身代わりした際にガルーラ後出しを合わせることができれば、親の猫で身代わりを割りながら子の猫で怯ませることができます。

考察
スポンサーリンク
千夜をフォローする
ご注文はレートですか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました